こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

6.7

 

「蛍のいのちは、短い」

 

蛍の季節です。

近くの川でも少し見ることができます。

 

5年前のちょうどこのころ

同級生が、憔悴の私を励ましに連れてきてくれた

この内子のホテルオーベルジュ。

少し、贅沢なプチご褒美の女子会にぴったりです。

その時、夜のオプションに

たくさん蛍が見れる場所まで車で連れて行ってもらい

蛍が、本当にそこかしこに乱舞し、感激したのを覚えています。

 

ホテルの方から、

蛍の寿命が2,3週間であること、

命をつなぐために生まれ死んでいく話に

思わず、涙がこぼれて仕方なかった事を思い出しました。

だから、精一杯、地上で光を発して異性を引き付けるのだと・・

昆虫は地中にいる時期が長く

余生は、ほぼ子孫を残すためだと言われています。

 

なんだか、

この生命のつながり

生物的に高等であればあるほど、

この余生の生命にたくさんの時間があるからこそ、

たくさんの経験を神様は、与えられたのかな~。

 

人間であるがゆえの、

たくさんの経験をくれているのだから

これは、

精一杯与えられた経験を、生きないといけないです。

 

生物として同じ地球で生きています。

その命に優しい視線を向けてみると

植物の美しさとか、随分気になるようになりました。

変な人になったような気がしますが、

思わず、植物にも声をかけたくなります。

 

今日は、山の中の学校へ仕事で

この帰り道の高速入口が、内子になりました。

 

お風呂だけ入って行こう・

そう思って、このホテルの温泉へ。

ゆっくり湯船につかり

あの時の蛍を思い出しました。

 

まだ、もう少し見れそうなら

また来てみよう。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村