こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

今日は1日ですね。

日本には、「ついたちまいり」という風習があります。

月の始まりは、月の満ち欠けによる「月立ち」が転じて「ついたち」と呼ぶそうです。

無事過ごせた1か月の感謝と新しい月への祈念とをお参りする習わし。

 

この1年

この1日参りが習慣になり、

必ず氏神様を訪れるようになりました。

 

そしたら、この1日に

この神社を訪れる人が、いかに多いか。

 

そして、正装をし、ひざまずいてお祈りする方、

この特別の日の神社の凛とした気に触れるのです。

神殿の入り口は、解放され、

運良ければ、神官の祝詞が聞ける。

 

少し、

昔の風習を丁寧にやってみよう。

そんな気持ちが湧いてきます。

 

子どものお宮参りも

お受験も、

何かあったら、この氏神様に参ってきました。

 

これからも

 

1日参り続けます。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村