このたび、「2.5%奇跡の命」
という本を書きました。

2011年に夏から冬にかけて起こった半年間の真実のお話しです。

「神様 どの命も生かしつづけたいと思ったらいけませんか?」
半年間で命と向き合うさまざまな出来事の中
大切な人を亡くし、大切な人を救ってもらった・・・

5年たち、その出来事を思い出し、本を書きながら
友人や、家族のあたたかい愛
そして、命のつながりや絆をしっかり感じました。

読んだ方が、
それぞれの生活の中の、近くて見えない幸せ
本当に大事なものは、近くにあり、自分にあるのだと気づいてほしい。

そして、ありがとうと言って欲しい。
生まれてきたこと、出会ったこと、そのすべてにありがとう
この命にありがとう。
そんな気持ちになってもらえるとうれしいです。

このお話しに書ききれなかった事
これからブログに書きたいと思います。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村