こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

5・17

 

「すべて愛の選択で。。。」

 

今日は、大事な友が、ご主人さんのために移植手術をします。

心から、成功を祈り、無事お2人が元気になれるように、

いつもの神社にお祈りに行こうと思います。

医療の進歩で

難しい病気も回復が見込める時代。

 

余命少ないといわれた患者さんや、中々症状が良くならない患者さんが

移植で元気になられた話をよく聞くようになりました。

それだけ手術の進歩や、数も多くなったんだと思います。

 

脳死移植と生体移植。

主人も最後は、元気になるには、

移植を考えるしかないと言われたました。

その時の心模様を、本には書いていますが、

今でも自分の頭も心もおかしくなるぐらいの混乱。

そして息子が倒れるというあの時の気持ちを

思い返すと胸が痛くなる。

脳死では、亡くなった人の命をつなぐ。

その選択

生体では、どちらのリスクも命に関係する。

あげる側、もらう側のどちらにも愛しか存在しない。

すべて愛で選択する。

そう思う。

パートナーのために、自分の臓器を移植する決意の裏側には、

希望と迷いがいっぱいあるだろうな~。

がんばれ、

私は祈るしかない。

元気な2人を思い描き続けるということ。

そんな1日。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村