こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

5.10

 

五月晴れが、続いていたのに、

黄砂が空を覆ってます。

 

「リセットは、病気のサイン」

 

16年前に

最初の大病をしました。

40歳

ちょうどこの時期。

病院で奮闘していました。

まだまだ若かったので、回復も早く。

2週間で現場復帰したような気がします。

 

仕事がいっぱい、いっぱい

代表、管理職、技術職・・・

全ての責任の中で、サンドイッチ状態でストレス満載。

毎回のトラブルのたび、

この難関を乗り越えれば・・・なんとか頑張れる。

の繰り返しだったような気がします。

 

そして病気がわかり、

 

その時の感情

なんか、これで辞められる。

って安堵したことを覚えてます。

 

そんな究極まで追い詰めている自分の体に

気がつかなかったのかな。

 

今でもそこで培った色々な経験は、

今の私を作ってくれる素晴らしい経験だったけど

その時は渦中の中で

辞める決断がつかなかった。

 

リセットボタンを押せない自分に

究極の選択。

頑張り屋さんに多いこと。

 

そっと教えてくれる

病気のサインは、

自分の軌道を修正する一つのきっかけ。

 

自分の病気は、

そう思うようにしてます。

 

もちろん、それだけではないですが、

調子の悪い時は、

何か無理してないですか?って

身体に聞いてみる。

 

自分でもそれが中々

わからない頑張り屋さんの日本人。

 

休めない頑張り屋さん。

 

命より大切なものはない。

 

主人が最後の方はどんなにしんどかったのか

今でもそれを、もっと気がつけば良かったと思うけど、

休め休めと言うたびに

喧嘩になる・・

 

結局

自分で決めなきゃいけないけど

それができない人に向けて

どんな言葉がいいんだろう。

 

人生哲学はある意味

みなさん同じことを伝えてるのに・・・

 

思い切って

リセットすること。

 

自分で決める・・

怖いけど 不調のサインを見逃さないで・・・

リセットボタンそこにあるよ。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村