こんにちは。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

 

8・16

あっという間のお盆。

迎え火をしたと思ったら、もう送り火です。

主人も家でゆっくりできたでしょうか?

思いの外

十分な休みが取れていて

毎日、同窓会や女子会で外に出ています。

昨日は、お友達と

たわいのない話をしながら、プチドライブ。

小雨だったけど塩が森という山の頂上で、

緑いっぱいのマイナスイオンを浴びました。

ランチに、デザートに楽しい1日。

そして、ゆっくりテレビを見られるのも

休みの醍醐味

 

今大ファンのテレビ番組

コード・ブルー

毎回のハラハラする

命との戦い。

そこにある人間愛を感じるドラマです。

先日は、山下智久君の

「人は、他人の痛みはわからない・

でも、その痛みを分かち合いたいと思ってる人の存在がいるということ。

それを、気づかせてくれる」

 

そうなんだよね。

人の痛みは到底わからない。

 

わからないんです。人の痛みや気持ちは・・・

家族であろうと、友人であろうと。

 

推測のみ。

でもその痛みはわからない前提で

寄り添うだけなんだな〜って・

 

自分の気持ちを素直表せて

本音が言えるってそういう人がいるだけで

少しは、楽になるかな。

 

わからないけど、分かち合いたいと思ってくれる大切な友人達。

私は、その友人達の存在があってこそ、

今こうして笑えてる。

感謝しかない気持ちになりました。

 

そして、一番わからない

子供の気持ち。

年頃だけあって、ずっと分かち合えなくて

いらいら。

 

人の気持ちの寄り添いが

上手と下手があるんだろうな。

気持ちがあっても

素直に表せなくて

勿体無い気持ちの伝え方になっている。

 

あ〜もどかし、もどかしい。

人間だもの仕方ないですね。

 

残り少ないお休み。

びっくりするのは、お盆を境に

蝉の声があっという間に

少なくなったこと

一気に秋の気配に転じる境目です。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村