こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

 

6.20

「保健室の先生」

 

保健室の先生と言われる養護の先生と

一緒に仕事をすることが多いです。

 

学校の中で

子供たちの身体や心の問題の一番近くの

相談相手になる存在。

なので、

どの学校でも、

この養護の先生の独特な、愛ある雰囲気は、

思わず、ホッとするのです。

 

子供達にとっても

このホッとする保健室は

ちょっと休憩したい心や身体を癒してくれる場所かもしれません。

 

息子も、

倒れる前の日は、この保健室のお世話になっていたことを

後で聞きました。

しんどかったんだろうな〜。

 

息子にとっても

心の逃げ道だったり

身体の不調を優しく気にしてくれるこの保健室は、

大事な場所だったんだと思います。

 

逃げ場所って

人生において

学校だけでなくても必要なんだろうな^^。

今日は

そんな養護の先生に

生きる力の身体作りのお話をしてきました。

 

東北大震災では、学校で亡くなった子供もいっぱいいます。

あの時のような、

大きな災害に遭遇したことのない私達は、

その教訓を活かさなくてはいけないと思います。

 

準備あって憂いなし。

身体作りもそうなんだろうと。

 

経験したことのないことは、心も身体も反応しない。

疑似体験をする。

小さな事故や怪我をしながらも、大怪我をしない技を身につける。

 

きっと身体だけでなく、

心も

小さな挫折や、悲しみを乗り越えながら

大きな挫折を乗り越えられる力となる。

そんなこと考えながら

悲しみも、楽しみも精一杯感じよう・・・

体験こそ、宝。。そんなことを思った1日でした。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村