こんにちは

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

 

3.2

*************************

大往生だけど寂しい・・・

*************************

しばらくぶりの投稿です。

子供のことが落ち着く間も無く

実母が、肺炎で入院し、緊張感のある1ヶ月が続き

実母を看取りました。

行ったり、来たりで大忙しだったけど、

優しい時間が流れました。

87歳、数えで89歳

井上家の中でも一番の長生き。

6年前に主人が入院していた病院での行ったりきたり

古い病棟の面影の場所を見ると、ここで車椅子引いて石鎚を見たなとか

当時の主人の主治医とも、エレベーターでばったり会って

挨拶したり

当時の散歩コースを歩いて見たり

6年の月日を感じながらの1ヶ月でした。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

井上家のルーツ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

母は、87歳、

父は、83歳で亡くなっているし祖父母も入れると

今のところ井上家、一番長生きでした。

父が亡くなってから、近くのホームで楽しく過ごしてくれ、

もともと、父がいないと外出できなかった母も

最後にとても充実した、楽しい生活だったと、

毎日、代わる代わるお見舞いに来てくれる

ホームの人から伺えました。

いつも母がいるとおだやかな雰囲気が流れるんですよ。って

苦しい状況なのに、弱音も吐かず。

看護師さんにも礼儀正しく。

優しくて、穏やかで、

最後は、生き様を見せてくれました。

あんな、こんなの嫌いなところが、ちっとも気にならず、

こんなことしてくれた、あんなこと言ってくれた

といいところが、この最期で出てくる、出てくる。。。。

人間ってわがままだな〜。

母は最後に、

喪服着てねって、約束したから、

最後のお願い叶えて、お葬式をしましたよ。

お茶と俳句が大好きだったので

母のコーナーは、

好きな趣味のお茶碗や、俳句の展示にしました。

 

バタバタしながら、

中々ブログを更新する時間もなく

3月。

少し落ち着いたら

色々、書いていこうと思います。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村