こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

2.20

 

「再会」

 

本の発売から1か月、

読んでもらった方の感想をたくさんいただき、

シェアしていただいて、

本当に感謝です。

 

私の中で5年の月日が少しずつ癒してくれました。

その間も

私自身に降りかかったさまざまな出来事に

毎年、毎年

心が折れたり、閉ざされたりの連続の中。

もう、主人と息子のあの半年の事は、語らなくても十分に

前に進めるかな。と

 

ただ、

ずっと書き留めていた原稿。

自分ごとの視点の中、途中、本にする原稿ではないかもと

思いながら、

いろんな運命的な出会いの中で、

本になったという感じです。

5年目の命日に

お世話になったみなさんにさしあげて、もう一度思い出して欲しいという思いが一番。

そして、

本を出してから、

何十年ぶりかの再会が、続いていて

昨日は、主人の高校時代の彼女と長い間お話しをしました。

 

思い出すは、40年近い前の事ですが、

ずっと、

私の頭の中には、学生服の主人しか思い出さず

忘れていたいろんなことが、

一気のよみがえった感じでした。

 

必ず、出来事には意味がある。

 

あ~~そうだった。

思い出して欲しいと思う気持ちは、

主人の方だったかも・・・

 

かなり、無理のある

女子高生時代の自分に戻って

今日は、彼女にもらったお線香をあげて

チーンってお祈りします。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村