こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

1,26

「助けてを求める」

 

とても大変なとき

 

助けてくださいと素直に言えれば

きっと

この世の中

助けてくれる人もたくさんいます。

 

孤独死や、餓死

この豊かな世の中であってはいけないことが起こってる。

 

大きな出来事

自分だけで決めてしまったこと、

それが、

大失敗。

私には何度もあります。

ごめんなさいもいっぱいある。

 

 

反省してもしきれない事

たくさん

あるけど

 

ちゃんと、第三者に相談してみる。

言ってみる。

助けを求める。

 

あ~

この感情が歯がゆくて、言い出せない。

 

 

へとへとになってる友達から

弱音を吐けないない心うちを聞いた。

 

あなたは強い。あなたなら何とかしてくる。

そう思わせてしまってる人間関係。

 

その裏側の感情に触れると、

あなた、やってよ。やってくれないからやるのよって

そう表に出せなくても

淡々と行動してしまうよね。

 

私もずっとそうだな。

相手に心配かけて、かえって質問されるのもめんどくさい。

 

いうのやめよ。って

 

人にお願いをする。

人に聞いてもらう。

 

 

相手にとっては、頼られる事は悪いことでもないはずだ。

少しだけ、誰かにやってもらう癖をつけていく

 

そして、誰かの心の助けに敏感でありたい。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村