こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

「取材・・」

 

3・14

 

今日は、ホワイトデイ。

義兄から、クッキー。生徒さんからお菓子をいただきました。

 

お誕生日、記念日。

プレゼントもらって、ちゃんとお礼が表わせたかな~。

宝石箱の中の主人からの贈り物。

もしかしたら、いや、きっと

ちゃんとお礼をいわなかったような気がします。

もらったものは、身に付ける事が一番のお礼。

整理整頓をすると出てくるプレゼント。

わーー。身につけてないな。

少し身に付けようと思います。

 

昨日は、本の取材が入り、TV局で打ち合わせ。

毎日TVでみるかわいいアナウンサーさんと

長い時間いろんな話をしました。

 

この本を読んでくれて

お話しがしたいと、問い合わせていただきました。

息子より2つ上、娘のような年齢の素直な、質問に

私もまた、原点に返り、なぜこの本を書いたのかと聞かれて

お話しすることで、

これまでの、本になるまでの期間を思い起こしました。

 

敷村さんから、

「書いてよ、えりちゃん」と温泉でばったり会ったご縁。

そして、ふと参加した出版セミナーで、城村典子さんとお会いし

取材の時は、毎回ティッシュ片手で泣きながら取材を受けていた半年・

悲しい事実の物語をどう思われるのかな~。自問自答しながら、

人に読んでもらうのが怖くなった。

 

ポエムピース社の松崎さんが、

「いいです、正直な文章が・・」って褒めていただき、そして

装丁や、イラストと素敵な本が出来上がったときは、不思議なくらい

ほっとした。

気になっていた自分の軌跡の1つ

私のずっと、ずっと書き留めていたものが、お蔵入りにならずに

存在できたという安堵感。

 

そこからは、広げるための手法に、戸惑いながらの今。

 

本を書く事。きっと人生でめったに経験することのないこと。

城村さんから

息切れしないように、楽しみにながらやっていきましょう!

そうだな~。

楽しめたらいいね。

少しほっとして・・

この春は、ゆっくり大きな仕事を成し遂げた

ご褒美の旅に出ようと思うのです。・.

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村