こんにちは

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

 

 

「命のつながりの講演」

12・9

息子の病院と行ったり来たりを過ごしています。

病院から見る青空も綺麗です。

どの土地にいようが、

空を見上げて、深呼吸。

生きてる証。

気持ちいい。

 

この本を通じて

命について、講演する機会が増えました。

 

11月末に

同級生から、この講演を頼まれ、

私自身も、伝えたいことがいっぱいで楽しみにしていました。

 

ただ、子供の手術が決まり、その次の日ということで

その日が、どうしても無理であることがわかってから

どうしよう。。と

どうにかして、この講演が実現できるように

どなたかに、お願いするしかない。

 

私の代わりにこのお話、そして命についてお話ができる人は、

私のそばで、ずっと見守ってくれて

立ち直るきっかけとして、一緒に、NPO活動を通じてずっと一緒の

健康支援活動をしている美香さんしかいない。

そう、全てを託してお願いしたら

快く引き受けていただき

無事、中学生にこの講演が実現しました。

よかった〜〜。

今日、学校からの感想や写真をいただき

命がここで、また輝く選択をしてくれるきっかけになったのを

本当に嬉しく思いました。

 

  • ・・・・
  • 今回のお話を聞きいつも僕は自分が生きていることは当たり前と思っていました。
  • けど、今回のお話を聞いて生きていることは、奇跡が重なって生まれてきたんだと。身の回りの大切な人が1人でもいなくなると悲しいだろうなとお思います。「出会ってくれてありがとう」と伝えたいです。

 

  • ・・・・
  • 「私が今生きている時間は、他の誰かが生きたかった時間という」この言葉が印象的でした。そして自分の命を大切にしようと思いました。

 

  • ・・・・
  • 今ある人生どう生きるかが大切だなと思いました。今、生きていることを感謝して無駄な時間より、楽しいと思う時間を自ら作ろうと思いました。

 

  • ・・・・
  • 心と体のつながりをここまで意識して感じたことがなかったので。それを実感できてよかったです。心が体に、体が心につられるということを、これからの生活に活用できたらなと思いました。

 

など、中学生の心に、命の大切さを刻んでいただきました。

学校で講演させていただくと、感想をいただくことが多いのですが、

それぞれが思う、命の中で自分に一番響くところで感想をくれます。

 

いつも、その感想を見るたびに

自分が伝えたいことが伝わってるか、確認しながら

未来あるみんなの命が輝くと嬉しいです。

 

美香さん、本当にありがとう。

中学生の心が、動きました。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村