こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

 

4・13

「女医さんを選んだわけ」

 

桜が満開の道なりを運転するだけで

心がほころびます。

 

日本人に生まれてよかったと

春になると思います。

 

先週は、検診で

美人のK先生にお会いしました。

 

わざわざ、九州まで

治療を選択したのは、

 

最初に受けた男性の医師のちょっとした言葉の違和感。

その先生は名医です。

きっとそんなに意味を持たず発した言葉だと思います。

 

「乳腺を切除した後再建しますが

人が見たら、それは、全然別物とわかルようなものです・・・」

 

その通りかもしれませんが、

 

女医さんは、

「綺麗に再建してあげるからね。」

 

そんな言葉の違いでした。

今でも、隣のお風呂に

もちろん、違和感がないとは言えませんが、

堂々と気持ち沈まず

入れるのは、

この綺麗に再建してもらったおかげだと思います。

 

それほど、

やはり女性にとってのこの乳房のことは、

デリケート。

 

取ってしまえば

再発0%

と、これからの生きていく意味での

心の問題を考えた時の選択でした。

 

その病院で受けた患者会の

集まりの皆様の、明るさ・・それも大きな勇気が湧きました。

その時の私には、藁をすがる思い。

 

治療の選択は、

とにかく、生き抜くことが一番です。

 

その中で考える

微妙な女性の心の中

 

決めるのは、自分ですが

私は、その時は、どうしてもこの女医さんに

助けてもらいたかったのです。

 

今も、

少し遠いですが、この綺麗な女医さんの

言葉にホッとして帰るのです。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村