少し愛媛は、コロナが落ち着き始めました。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

2021 5・25

***************

学校で命を助けてもらうこと

*************************

2011年から10年。

2017年に本を書いて4年。

学校で命を助けてもらった家族として・・・

AEDに大切さ。

心と身体の繋がりを

学校の先生になったばかりの初任者研修で

担当させていただいてます。

昨年は、残念ながらコロナ禍でできずの

初任者2年目の皆さんに

今日は、リモートで研修ができました。

リビングからの配信です。

通信環境や、 PCの不具合とかの心配で、

いつもの研修よりは、緊張

何度も友達に試してもらったりして

本番を迎え、

無事、電波が落ちることもなく

スムーズに進めました。

できる環境で工夫してやる。

W ithコロナの2年目は、そんな研修や、講演が

続いています。

 

リアルのコミニケーションが良いことは

わかっているけど

繋がりが持てないことは、ない。

できることで対応する。

変化に対応することが問われています。

 

久しぶりに

自分の作った資料や、ビデオを見ながら

10年目の

あの頃の感情も戻ってきたりもしましたが、

今日は、

リモートだからこそ

すごく、整理整頓をしながらお話しできました。

ちょうど昼間に見た

テレビで

今の子供達の鬱が増えた

ストレスが多いこの生活の中で

学校もまた大変であり、

先生も疲弊しているとの特集。

 

今日伝えたいことの一つ。

「身体を動かし、スキップして笑う」

そんなことを信じて動くこと。

 

どうぞ、これからの子供達の教育者として

命は宝を伝えてください。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村