こんにちわ。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

8・21

6回目のお盆が終わりました。

送り火は、近くに住んでいる

主人の親友に付き合ってもらいました。

いつも、見守ってくれてます。

ありがとう。

6年前の今日。

我が家にやってきた空ちゃん。

主人の最後のわがままを聞いてしまって

マンションは、飼育不可なのに、

なんとかなるなんて、

なんともならず、少しだけの主人の笑顔のために

この家に来ました。

結局は、

祖父母の家にお願いして引き取られました。

空ちゃんの瞳を見ると

キュンとする。

ほっといてごめんね。

祖父母は、忘れ形見として主人の代わりとして

一生懸命寄り添って育て、そして癒しにもなっているので

多分、お父さん、お母さんのために残していったのかな〜と

思うことも・・・

空ちゃんが来た時

結局、主人の付き添いのために、祖父母、

子供の付き添いのため、私と

家に居ることができず、

そばで手伝ってくれていた姉が、家を訪れては、

ご飯や、しつけをしてくれていました。

空ちゃんも、あの間は、寂しかっただろうな。

今の家では、飼えないけど

少し一緒にいる時間を

持とうと思います。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村