こんにちは。井上エリーです。

このたび、「2.5%奇跡の命」

という本を書きました。

 

6.5

 

「故人からのメッセージ」

 

このところ、

かたずけるたびに、

主人が写った

写真や、手紙を目にします。

何か伝えたくての

故人からのメッセージ。

そうだ、結婚記念日だった。

 

こうやって、時々

存在をちゃんと教えてくれます。

 

受け取れてなかった愛の深さを

じみじみ感慨深く

感じています。

そして

その深くて大きな愛を感じる映画

「湯を沸かすほどの熱い愛」

を、借りてみました。

久しぶりの大涙に

夜寝る前まで、うるうると涙腺が止まりません。

泣くことは「デトックス」だと

 

思います。

 

私は、まだまだ

癒えていなかったのだな、ということに気がつけて

大声で泣きました。

 

本当に素晴らしい映画でした。

 

宮沢りえのような

深くて大きな愛を持とう。

 

大事な人を、もっと愛せるきっかけになるような映画。

こんな映画を見ようと、手にしてしまう偶然は、

きっと

天国からのメッセージなんだと。

 

愛おしいすべてに感謝します。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村