紫陽花がとても綺麗でした。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

2021 7・4

***************

父の命日

*************************

7月に入り、

まるで、梅雨明けしたような。

蒸し暑さ。

少しずつ、こちらのコロナの感染も少し落ち着いています。

日常が、少し戻りながらも

やっぱり、元の生活は、もう少し先ですかね。

 

今日は、父の命日。

14年経ちました。

 

その間、私は、主人、姉、母、義母と

大切な人が亡くなり、

時々、父の命日も忘れるようなこともあり

なんか、忘れてる〜〜なんて思ったら

あ。命日だった。みたいな。

今日は、しっかり

覚えていて、よかった〜。

ごめんね。お父さん。

本当に、ユーモアあふれる父で、

ひょうきんで、人を笑わすことが大好き。

そして、とても器用で、

なんでも機械物は、分解したり、直したり。

D Y I大好き。新し物好き。笑

毛筆は、プロとして最後まで賞状などを書いていました。

 

少しだけ、父の気質を受け継ぎ、

母には、よく言われた

「あなたは、お父さんに似てよかった」

これは、褒め言葉なのか、どうかは、別として・・

天国でゲラゲラ笑ってる顔が、浮かぶのです。

今日は、お墓参りは、従姉妹が一緒に行ってくれ

心強く、やっぱり、一緒に手を合わせてくれるのは、

嬉しいです。

この霊園は、四季折々のお花が綺麗。

今日は、紫陽花がとても綺麗でした。

私は、このお墓の守りや、

父の実家である田舎の処分ももう一仕事ある。・・

ふーーー。

実家の跡地は、

もうすでに新しい家が経ち

このお墓参りのもう一つの実家の窓あけの

仕事が、なくなったけど、

手を合わせに行かなうくちゃ。

 

さあ、

この夏は、暑くなりそうですね。

 

命の講座も

夏休みは、

先生向けに、企画されてるので

がんばります。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村