こんにちは

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

 

2019・5・31

*************************

生きる歓び

*************************

今日は、子供の誕生日。

26歳。

あれから、8年。
今日は氏神さんに

ご挨拶。


3年前のFBの投稿が懐かしく出てきました。

あれからも、たくさんの事があったなあ。

大好きな「中森じゅあんさんの詩」

・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きる歓び」

 

絶体絶命になると

命ぎりぎりの 底力が

ほとばしって、出てくるものです。

あとで、振り返ってみるとき

はじめて

よくぞ 乗り越えられたものだと

感じるものです。

 

無我夢中になると

考えも及ばない 直感が

ひらめいて、助かるものです。

どんなひどい体験も 終わってみれば

はじめて

あれこそは、必要な出来事だったのだと

気づかされるものです

 

艱難辛苦にあうと

自分がこしらえている限界など

こっぱみじんになるものです

過去の後姿を 見送るとき

はじめて

おかげで、生まれ変わったんだと

歓びが湧いてくるものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

落ち着いたら、いつもアクシデントが(涙)

何度も、くじけそうになりながら

生きてきたね。

どうぞ、

生きる歓びでこれからの人生が

親子共々

味わえますように・・・・

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村