こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

7・9

・・神様に守られる・・・霊峰石鎚山・・

大雨の被害に追われた方

心よりお悔やみ申し上げるとともに

この自然の猛威を謙虚に受け止めて

地球の声を聞こうと思います。

自然災害の、想定外という言葉が何度も聞かれます。

地球が悲鳴をあげてる気配を

動物で一番高等とされている人間が、

処理できないくらいになっています。

温暖化に向けて

自分がまずできることは、節電。

こまめに電気を消す。

これだけでも、習慣にしています。

 

そして、目に見えない力でも守られているという事も

感じます。

四国を災害から守ってきたと言われる

霊峰石鎚山。

1日からお山開きです。

最初に勤めた会社の取材で、

何度か訪れた石鎚山。

お山に登らなくとも

主人の病院から眺めた石鎚山。

高速でその下を走るときに感じる

神聖な感覚。

住んでいるところから四季の表情が変わるその山を見ると、

やはり大きな愛で守られてる感じがします。

一昨日から

そんな石鎚の土小屋の遥拝殿で

一晩過ごす機会をいただきました。

この石鎚の神様にお支えしている方々が、

お山開きの間にいらっしゃるところに

泊めていただき、

夕方、朝のご神事に参加させていただきました。

長い歴史の中で、

このお山を守ってきた方々にお話、

信者さんのお話。

久しぶりに心に腑に落ちる神官さんのお話を聞かせていただきました。

七夕の日の大きなプレゼントです。

ご縁に感謝。

朝早くから頂上を目指した登山客がいっぱいでした。

今年は挑戦してみようと思います。

 

神様に好かれる生き方をしなさい。

いつでも大きな愛で守ってくれますよ。

宮司さんのお話。

そう生きよう・

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村