こんにちは

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

8・28

*************************

秋の気配

*************************

お盆休みからの、台風とまだまだ猛暑。

疲れが溜まっていのか

声が出なくなり、しばらく休養。

小さな不調でバランスが総崩れ。

元気が一番と感じながら

ゆっくりと休養時間も大切なこともわかりました。

 いつもの、8月の終わりの花火を見に行こうと思いながら

人混み避けて、昔子供とよく遊んでいた公園で

遠くから眺めていました。

星が綺麗で、お月様の美しさは、

秋を運んでくれるようでした。

そして、新盆からの1ヶ月の間の祭壇も片付けました。

日常に追われて、母の祭壇の前でゆっくりお話しする時間がなかったので

最後は、慣れないお経をあげて見ました。

なんだか、泣けてくるな〜。

秋の気配の空の雲が

毎日、感動するくらいの模様を見せてくれます。

今年の夏は、あまりの暑さと

そして災害とで、しんどい夏でしたね。

 

学校の先生向けの研修も夏休みが終わりますので

終盤です。

「学校で命を守ること・・」

そんなテーマもこの災害で身近に思えるようになったのも確かです。

逃げる力、生きる力

そんな力は、やはりカラダ作りからですね。

またNPO活動の一つである。「防災カラダ作り」伝えていきたいです。

東北震災でたくさんの命を失った大川小学校

ほんとうに子どもたちの命を守ることができる学校のあり方を読み解きます。

関西での開催です。どうぞふるってご参加ください。

<内 容>

・概要報告: 大川小学校研究会

・原告遺族から: 佐藤和隆 今野ひとみ

・判決報告:吉岡和弘/齋藤雅弘(大川小津波訴訟原告代理人・弁護士)

・解説・パネル討論・質疑応答

上田敦(福知山市造成地水害訴訟原告代理人・弁護士)

佐藤和隆 今野ひとみ 吉岡和弘 齋藤雅弘

日 時:2018年9月29日(土) 15:30 – 18:30

会 場:キャンパスプラザ京都

京都市下京区西洞院通塩小路下る

申 込:https://goo.gl/forms/OfmFHvCynA1a5z0H2

資料費:一般1000円 学生100円

定 員:200名

お問合せ:study@okawasho.org

私は、子供を学校で助けていただいた家族として

学校で命を亡くすこと。救うこと。

この夏の災害も、それを思い出させてくれました。

8月最終週。

9月に入る前にもう一度学校での災害の取り組み

そして命を守るための、身体つくりを考えた1日でした。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村