こんにちわ。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

9・24

「秋分の日」

あっという間の

9月の秋分の日。

6年前の今日この頃は、主人は、

お医者さんから、

1週間持つかどうかの命の区切りを聞きながら

なんとか、生還し

右往左往していた時期でした。

早いようで、大変長かった年月。

そんな昨日は、

高校野球の応援に

どっかで見てるかなぁ〜

真っ白なユニフォームで

投げる姿は、時々息子と重なります。

そろそろ、7回忌の法要の準備をしないといけないなと思ってます。

よく言われるように、

法事というのは、故人だけではなく残されたものへの

時間の物差し。

一周忌、三周期は、

まだまだ故人存在の深さや、やらねばならない事務処理や整理で

心の落ち着きよりもただの行事に・・

そうしているうちに

七周忌は、本当の意味で

次へのステップかもしれませんね。

本を本格的に書き始めたのは、

亡くなってから3年目ぐらいから、昨年の5年目の節目の命日にと

昨年の今頃は、

執筆や打ち合わせに大忙し。

先週の「いきたひ」の長谷川監督から、

お礼のメールをしたら、

「この度のご縁は、ご主人様のご導きですね。また必ずお会いできますね」

と返信をいただき、

少し、休憩していた講演活動も

進めていきたいと思う気持ちになれました。

7回忌までに、

何か、前に進むきっかけを起こそう・・

そう思いながら、

来週は仙台に支援活動。

そろそろ、2013からのこの活動も4年目です。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村