こんにちは

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

2020 6・8

***************

突然の別れ、いつも思う。生きてるうちに親孝行。

*************************

義母が天に召されました。

恩年90歳。大往生であるけれど、

もっと、もっと

親孝行ができたはずなのに・・・


子供の誕生日。

必ず、かかってくるはずの義母からの電話がなく

調子が、悪いのかもしれないと、

おいしいプリンを息子が、持って行きました。

その時、なぜ、一緒にいかなかったのか?と後悔。

息子の方が、気兼ねなくていいかなあと・・

亡くなる次の日には、義弟が、帰省する予定で

色々な病院の手配をしようとしていたところ。


急な、救急搬送で、私も子供も駆けつけたときには、

間に合いませんでした。

10日前は、一緒にご飯を食べていたのに、

急激な病気の悪化だという救急病院の先生からのお話。

恙無く、このご時世なのでお通夜、葬儀を身内で。

そして、忙しく過ごした週末から、少し、時間ができて、

寂しそうな、義父が、ポツンと、

独り言を祭壇の前で喋ってます。

 

主人が、病気で倒れ、

息子が、倒れ、私の厳しい二者選択に

主人の看病を引き受けてくれた、義父母。

あまりの献身さに病院の評判になる程、

主治医の先生もびっくりされてた。

岡山大学のI C Uでは、移植のコーデネーターさんから

私が、駆けつけた頃には、既に意識がなくなっていて

オロオロしていたら、それまでの症状の経緯に寄り添っていたのは、

義父母ですから、しっかり向き合いなさいと言われた。

 

主人が亡くなってからは、

本当に我が親子を心配して、沢山の援助をしていただきました。

「なんでもするから、いつでも言ってね」が口癖のおばあちゃん。

息子の子育てには、忙しい私の代わりに育児を担ってくれました。

時には、深いがゆえの愛で表現される言葉や、行動に

感情が、揺さぶられることもあったけど、

何より、愛あるがゆえの表現でした。

毎日のお墓参り

四のつく日の仏壇のお参りで我が家に来て拝み始めると

毎回、泣き崩れるお母さん。

それを見るのが苦しくて

そっと別の部屋に移動してました。

一番の親不孝。

親より先に死ぬこと。

親不孝をしてしまいました。

天国で主人に会えて、沢山話をしてますか?

義父母は、中学の先生でした。

釣島という島で、ご夫婦で、学校の教鞭をとっていた時の

微笑ましい写真。

お腹の中には、主人。

若かりしの義父母の素敵な笑顔。

なんだか、タイムスリップしました。

 

どうぞ、

安らかに。

 

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村