こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

 

6・28

 

「覚悟と奇跡」

 

梅雨らしい雨が続きます。

毎日、麻央ちゃんの悲しみの番組が続きます。

有名人であるだけで

こんなにも、悲しみを追求して

報道することは、

もうやめて前に進むことを選択した

家族を見守る・・・

それができないマスコミの仕組み。

 

マスコミも仕事だろうけど、

なんだか、残酷だと思ってしまいます。

 

今日、

そんなことを気にしてか、

昼間の番組での坂上忍の言葉が、こころに響きます。

 

「覚悟と奇跡」

 

患者の家族

この2つを持ち続けるて看病する。

 

そうなんです。

信じて、祈って。

だけど覚悟する。

 

毎日、覚悟を持ちながら奇跡を祈る。

そんな看病生活。

 

家族の中でも

思いが違ったり・・・

冷静な、誰かの決断が、大事だったりと。

この2つの言葉が、変わり変わりやって来ます。

当事者じゃないと

誰にもわからない、この覚悟と奇跡を

他人が

何を言っても、わかってあげられません。

 

麻央ちゃんの笑顔を忘れないで、

自分に置き換えて、人生を歩む・・・

強さと、優しさを学びました。

あとは、海老蔵さんを応援します。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村