こんにちわ。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

7・15

真夏のような暑い日が続きます。

先日は、福島正伸先生の講演会を聞きました。

大ファンの私は、この講演3回聞いています。

毎回題名が一緒でも、内容が少し、そして自分に響く部分も違います。

 

人生は、感動、共感、信頼、夢

 

熱く語ってくれました。

人の生きたお話は、その時の自分が、抱えていることと、共鳴します。

 

1つ、1つの言葉に命が蘇ります。

 

福島さん

実は、癌になり、社会生活は、できない、手術もできないと言われた中

全国治療をしてくれる先生を探し、37人目のお医者さんに巡りあい

奇跡で生還された方です。

本当に奇跡を起こしたお話は、勇気をもらえます。
諦めない癖をつける

 

生きることを諦めない。その経緯をお話しになりました。

辛い治療の後、経験したした人の重みのある言葉でした。

 

ピンチはチャンス。

みんな大好き

そうやって生きてらっしゃる先生の姿。

私の人生もリンクしました。

講演会には、たくさんの人が・・

こうやって、人を変える手助け、

諦めない人生の手助け、

ビジネスを成功する手助け、

全国飛び回ってらっしゃいます。

 

「人間は、楽になりたいけど、

そうなったら、虚しく、つまんない人生と感じるもの。

充実した、感動した人生を送るためには、

一生懸命生きるしかないんだよ。」

 

生の声で聞くと、。。腑に落ちて、

心が喜ぶ。

 

とにかく、一生懸命生きよう。

 

「2.5%奇跡の命」の

この本が出た時、

一生懸命3人が生きた証は、

誰もが感動するといってただきました。

 

主人も、息子も、

あの数奇な命と戦わないといけなかった

あの3ヶ月は、

そう、とにかくみんな頑張ったと思ったら、

なんだか、泣けてきました。

 

一生懸命

目の前のことをただ、

その精一杯で考えて

行動するだけ・・・

生きた言葉を確認できた

講演会でした。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村