こんにちは。

10年目の10月です。

井上エリーです。

「2・5%奇跡の命」という本を書きました。

*************************

10年経ちました

*************************

この本の元になった

あの出来事から

10年目の10月です。

主人が、闘病していたこの10月。

子供が、心肺停止で倒れたあの10月18日

あれから10年

息子の2度目の命の誕生日が近づいてきました。

長かったといえば、

長かったけど、

あっという間と言えば、あっという間の

10年。

そして、私も当時、術後の2ヶ月目でした。

思い出すと、苦しいけど

10年間で、1年1年癒されてきました。

そして、この区切りに、

実は、自身の乳がんの定期検診を、

昨年のコロナから移動が大変になったのを機会に

九州の病院から

こちらの地元の病院に移しました。

 

主治医の女医さんと、1年に一度だけど

会うことは、

今年も変わらぬ生きてますの、確認とともに

先生の異常なしが、ほっと1年の糧になっていました。

ありがとうの、感謝と

これからの自分にとって良き道を・・

この年齢になってから、

不具合は、あるものと考えながら、上手な付き合い方を

またこの10年していこうと思います。

秋の恵みを義父からいただきました。

思えば、義母は、私の忙しいことを考えて

栗は、いつも半調理してくれていて

私は、とても簡単に栗ご飯を作ることができました。

 

今年は、

そんな愛情を、思い出してくれた栗。

 

自分で栗ご飯を作るも

丁寧さが、ないと上手に作れないことを

知りました。

そして、

 

お裾分けで、

手作りが大好きな、会員さんにお分けしたら

「先生からもらった栗で

栗ご飯作ったよ?」って

それはそれは、美味しいかった。

なんだか、義母を思い出した〜。

先週は、おばあちゃんになったお友達と

道後公園のイベントへ、

出店で買った昼ごはんを食べながら、

私からしたら、小さな時から知っている

友人の娘さんが、2人のお母さんになってる

不思議な感覚ですが

とにかく、このふあ〜〜んとした

心が、和むその場所に入れて

やわらか〜い心と体になれました。

小さな、小さな赤ちゃんを抱っこさせてもらいました。

 

そして、久しぶりに

写真館でH Pのための写真撮影。

七五三で、この時期忙しい写真館。

主人と子供と3人で映したのが、

25年前。

あまりに可愛いい子供と

かっこいい旦那。

この写真だけは、リビングルームにずっと飾っています。

後にも先にも

一度だけになった写真館での家族写真です。

 

秋の季節の淋しい思い出

でも、最高の季節。

コロナの影響がなかった2年前

思い切って旅した

セドナの風景が、FBに思い出で出てきます。

また旅したいです

元気で健康でいよう・・・

楽しんで、これからの人生

生きてこう・・

 

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村