こんにちは。

井上エリーです。

「2.5%奇跡の命」という本を書きました。

 

5・7

 

「永い言い訳」観ました。

 

連休が終わりました。

今年は、本当に天気も良く

しっかり充電できたような気がします。

 

そして、今日は、思いっきり

淋しい夜かもしれませんね。

いつもの生活が戻って来たけど

やっぱり、家族のいる生活は、懐かしく

ホッとします。

 

今日は、家でDVD鑑賞。

主人のお友達の推薦。

 

「永い言い訳」。

 

「失って初めて気づいた人生とは・・・・」

 

本木雅弘と竹原ピストルの名演技に

最初から涙流しながら、見てしましました。

 

自分のことも少しリンクしながら・・

 

他人には、わからない複雑な描写の表現を

見事に演じ、この監督の見事に男を描かしたら一流という西川監督の

わざを見た気がします。

 

インタビューで本木さんが

「人間関係の不確かさ、大切さはテーマのひとつです。現実でも、誰もが弱さや脆さ、どうしようもなさをそれぞれに抱えている。けど、それに折り合いをつけながら、他者との関係で傷つき、気づかされながら少しずつ成長していく。西川監督は、“そんな人間の無様はどこか愛おしい”という思いを、映画の中に漂う“かすかな幸福感”と共に映し出していきます。観終わって完結する作品ではなく、観終わった後から考え始める映画になっていると思います。」

 

そう。

人間は愛おしい。

そんな気持ちになれました。

 

私の本も

本当に正直な

どうしようもないぐらい

自分勝手な私が見え隠れ。

あとで考えたら

どうなん?ってそんなことも

でも、

やっぱり人間だもの・・・

そう折り合いつけて生きている。

下のボタンをクリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村